エレクトロニクスレポート:TCO Certifiedで工場の労働条件における改善と課題が明らかに

You are here:Home/エレクトロニクスレポート:TCO Certifiedで工場の労働条件における改善と課題が明らかに

エレクトロニクスレポート:TCO Certifiedで工場の労働条件における改善と課題が明らかに

最新のレポート の中で、IT 製品の認証であるTCO Certifiedによりエレクトロニクス産業における製造条件の進歩と根強い問題の双方が明らかになっています。

このレポート「影響と洞察 」は、サプライチェーンの労働条件、紛争鉱物への取り組み、より安全な化学物質の使用に関するブランドオーナーの責任拡大を目的とした新たな基準が2016年に及ぼした影響を評価しています。2015年11月に開始した現在のTCO Certifiedで、ブランドオーナーにかかる製品および工場のコンプライアンス全体に対する責任はより大きくなりました。

ブランドオーナー16人のケーススタディー は、認証製品を製造する工場の労働条件が2013年に比べて改善されたことを示しています。改善点は、差別や結社の自由などの分野で見られました。

TCOディベロップメントCEOのソレン・エンホルムは、次のようにコメントしています。「認証製品を製造する工場において差別や強制労働など重要な分野で改善が見られることを嬉しく思います。しかしながら、相変わらずの問題は過度の残業です。2016年にいくらかの改善が見られたものの、今後も引き続き注意を要する問題であるのは明らかです」

エレクトロニクスのサプライチェーンは、非常に複雑です。世界エコラベリング・ネットワーク(GEN:Global Ecolabelling Network)議長のビョルン=エリク・ロンは、「ブランドオーナーは社会的環境的持続可能性に対して全責任を負う立場にあり、TCOディベロップメントの追跡調査が、責任を負った場合のプラス効果を示しています」と述べています。

新たな認証はまた、IT製品における有害化学物質使用にパラダイム転換をもたらしました。今日使用されている化学物質のほとんどについて、健康および環境に及ぼす影響は不明です。将来に備え、TCO Certifiedは現在、安全な代替品として自主的に評価された難燃剤のみを認めています。

IT購入者と業界ともに、より責任ある選択をするためにTCO Certified(http://www.tcodevelopment.com/ )を利用しています。エンホルムは、「実際に鍵を握っているのは買い手であり、ブランドオーナーたちはそれを承知しています。TCO Certifiedの製品を求めることで、買い手は社会的・環境的責任の重要性についてのメッセージを業界に直接送るのです」と付け加えました。

ロンは、「GENのエコラベルメンバーの中でTCO Certifiedはエレクトロニクス認証の先駆者です」と結びました。

レポートの詳細とダウンロードは、こちらから。

TCO Certifiedについて

TCO Certified は、世界中の団体が責任ある製品選択をできるようにするIT製品の持続可能性認証です。25年にわたってエレクトロニクス関連のリスク削減と持続可能性の問題に向けたソリューションを提供してきました。TCO Certifiedには、環境的・社会的責任のライフサイクル基準が含まれます。製品、工場、ブランドオーナーのコンプライアンスに関して、認証前および認証後の独立した検証が含まれているのです。

GENについて

世界エコラベリング・ネットワーク は、ISO 14024タイプ1環境ラベルに沿った主要エコマーク団体で組織する非営利団体です。GENは1994年設立、60か国にまたがる30社以上の会員ネットワークがあり

Contacts

Europe / Asia – Gabriella Mellstrand
gabriella.mellstrand@tcodevelopment.com
+46706358351

Americas – Clare Hobby
clare.hobby@tcodevelopment.com
+13108018769

2017-03-06T09:58:57+00:00 28 February, 2017|Categories: Pressrelease|